ショップコンセプトSHOP CONCEPT

La Vinee(ラ・ヴィネ)とは?

日本を代表するフランスワイン専門店

「フランスワイン専門店LA VINEE(ラ・ヴィネ)」は、開業して10 年間、パリの三ツ星レストラン“ タイユヴァン” のワインショップ「カーヴ・ タイユヴァン東京店」でした。

日本全国からワイン通が集まるお店として知られていましたが、 2004 年に店名を「ラ・ヴィネ」に変え新たにスタート。店名は変わりましたがカーヴ・タイユヴァン時代以上に拘りを強くしワイン通御用達店として進化し続けています。

フランス国内でもここまで奥深く、そして幅広く品揃えされたワインショップは少なく、来日されたフランス人も吃驚するほど。

ワイン愛好家にとって夢のようなワイン専門店です。

ソムリエが現地で買い付け

「ラ・ヴィネ」では毎年4 名のソムリエをフランスに派遣し、ワインの買い付けを行っています。訪問エリアはフランス全土に渡り、日本では見かけないエリアのものも含めワイン通を唸らせるワインが直輸入されます。ここでしか手に入らないワインが豊富に揃うため飲食店様においては他店との差別化ができ活用度が高いようです。特にシャンパーニュの品揃えは日本一と言われ、有名なソムリエさんもご存知ないものばかり。本物への拘りが強くプロならではの商品選びができます。

LA VINEE3つの拘りとビジョン

  1. 本物への拘り、売り手自身が納得した商品を販売すること。
  2. 常に発見感があり、毎日通いたくなるお店であること。
  3. お客様とのコミュニケーションを大切にすること。

"ラ・ヴィネ"ブランドの将来像として、"成長し続けるスタッフ"がお客様である"ゆとりある前向きな人"に対して、いつもお客様それぞれの新しい発見と本物に触れる喜び、そして感動を提供できるような夢のあるフランスワイン専門店を目指します。

こんな思いをもって日々奮闘しています。まだまだ足りないところだらけ、皆様からの御意見をいただきながらより多くの方に愛されるお店にしていきたいと思います。

ページトップへ